PSのトロフィー収集を中心としたゲーム日記

PSのトロフィー収集を中心としたゲーム日記

Bodycount プラチナ!


Bodycount プラチナ取得しました。

本作はFPSとしては最低水準の評価を受けている作品です。基本的にFPSでトロフィーが軽いことはないので自分が手を出すことはないのですが、本作は珍しく”このゲーム薄そうだセンサー”が作動したので突撃しました。

結論としては、ブーストではないがFPSとしてはコンプしやすいのではないでしょうか(FPSはA級ブーストのBattle LosAngelsと,廃人プレイが要求されると思われるHomefront(未コンプ)しかやってないのであくまでなんとなくですが)

トロフィー大きく分けて4種類あって、ストーリ系、コンバット系、対戦系(オン)、COOP系(オン)となってます。

まず、オンにはパートナーを確保することをお勧めします。酷評されていますので発売から大して日もたっていないのに過疎ってます。ただしパートナーさえいればデスマッチもチームデスマッチも1対1で出来るので談合は容易です。

COOPですが4つマップがあって、それぞれで20ウェーブを生き残ることでクリアとなってます。で、このCOOPで意外に苦戦しました。フリーズとバグにかなりやられました。フリーズは3回発生し、それもウェーブ19が2回、ウェーブ17が1回とここまで来てフリーズかよという事態に陥りました。パートナーさんが非常に心が強い方でしたので助かりました。

次にバグその1はホストではない方の参加者では見えない敵に突然撃たれだすことが、頻発します。おそらくラグなんだろうと思いますが、慣れないうちは敵を探してしまって死んでしまいますが、慣れてきたら急いで逃げることでなんとかなります。バグその2は残敵1となっているのにマップをくまなく探してもおらず攻略不能になりました(ウェーブ13で発生)。

次にストーリーですが、これは難易度トロフィーが3種類ありますが、Hardをクリアすることで3つとも取れます。このゲームの最高難易度のimpossibleはトロフィー的には無視でOKです。ただし、このHardもシューターではない自分にとってはなかなか難しかったです。特にMission16のシステムを起動させて2分程度生き延びる必要あるところは結構苦戦しました。

コンバット系はトロフィー条件を意識してプレイしていれば容易に取得可能なレベルです。

それで結局のところゲームとしてどうだという話なのですが、正直CoDもBFのやったことのない自分にとってはバグを除けば普通に遊べたというのが感想です。ということで余り参考にならないので、パートナーさんにインタビューしたところ、グラフィックは低調、操作のレスポンス悪い、武器もカスタマイズすらできない、処理落ちも気になるレベルとのことでB級シューティングのさらに下をいくものだそうです。

トロフィー的には20-30時間でプラチナ取得できるのでFPSとしてはお手軽かと思われます。が、ゲーム全体からみれば取得しやすいというわけではないと思います。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/27(火) 02:04:20|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ