PSのトロフィー収集を中心としたゲーム日記

PSのトロフィー収集を中心としたゲーム日記

DiRT2 プラチナ取得!


DiRT2 プラチナ取得しました!

PS3のオフロードメインのレースゲーです。

DiRTシリーズはWorld Rally Championshipで1995年にスバルインプレッサで優勝したColin McRae監修の作品で、1998年のColin McRae Rallyから続くシリーズです。
本作は2009年の作品ですが、Colin McRae自身が2007年に自家用ヘリコプターの運転中に墜落し、亡くなってしまったため、Colin McRaeを冠した最後の作品になっています。
(DiRT3でおかしな方向に行ってしまったため、ナンバリングの4が果たしてでるのか心配です)

でトロフィーですが、実は2010年にオンライントロフィーを少し残すのみでほとんどやっていたため、ほとんと覚えていません。

ただ、本作はすでに一部のオンラインサービスが停止しており、2つ取得不能なトロフィーがありますので、これから新規で始めてプラチナトロフィーをとることはできませんので注意が必要です。

これで2とShowdownはコンプしたので、あとトロフィーのあるDiRTは3を残すのみです。
が、あれは正直自分には少し難しすぎると感じてます。



スポンサーサイト
  1. 2014/06/16(月) 01:23:08|
  2. DiRT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DiRT2 難関トロフィー ラッシュアワー取得!


未コンプゲームを何とかしようと一応しておりまして、
2010年にプレイしていたラリーレースゲームのDiRT2を再開しました。

そして、難関トロフィーの「ラッシュアワー」を取得しました。

この「ラッシュアワー」ですが詳細欄に記載のとおり
オンラインで7人相手に勝利する。ということなのですが、
まず、古いゲームなので当然オンラインは過疎っており
8人満室の部屋が立つような状況ではありません。
一応、一部屋だけは立っていることがあり、
そこそこ満室に近いこともあるのですが、
ランクがとても高い人ばかり集まっており
(おそらくこのゲームも何年も続けているような人々)
たとえ満室になったとしても、勝つのはかなり困難です。
(というかほぼ不可能です)

ということで、当然、このトロフィーをほしいメンバーで
部屋を埋めて狙うことになるのですが、
このゲームの参加者を8人集めることはかなり難しいです。
理由1 かなり古いゲームである
理由2 オンラインレースのサーバーは生きていますが
    DiRTNETというイベントのサーバーがかなり昔に閉鎖しており
    その影響で今から始めても2つ取得不能のトロフィーがありますので
    新規のトロフィー収集家が参入できない。

と、通常は談合すれば難易度などない様なものなのですが、
本トロフィーに関しては今となっては談合を成立させることが
★3以上の難易度があるかもしれません。

すこし前に国内で募集があって、参加申し込みしたのですが、
結構な期間募集していたにもかかわらず、8人揃わず断念。
で今回は、海外で募集されていたBoosting Sessionに参加しました。
これも1回目は8人も必要な大型談合らしく、予定時間に数人来ず失敗、
2回目はどうやら十数人を確保していたようで、
なんかと8人集まって取得できました。

残りはレベル上げだけとなりました。
少しずつやって、なんとかプラチナを取ろうと思います。

繰り返しますが、このゲームは一部のオンラインサービスが終わっていますので
今から始めた場合、絶対にプラチナトロフィーが取れませんので注意!
  1. 2014/06/09(月) 00:35:22|
  2. DiRT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DiRT3をそれなりにやりました

DiRT3をやってます。

海外版の発売日に買ったものの、「これじゃない」感が強くて少しやって放置してました。

最近、レースゲーをちょこちょこやっているながれでプレイを再開しました。

とりあえず難しいDC Challengeは無視して簡単なものからやってます。

残りはDC challenge とオンライントロフィーの一部です。

結構難易度高めですが、ちまちまやってみます。
  1. 2014/03/24(月) 09:00:10|
  2. DiRT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DiRT Showdown プラチナ取得しました!


DiRT Showdown プラチナ取得しました!
DiRTシリーズ初のプラチナ取得です!

オンラインレベル30にようやく到達しました。長かった。ちなみに戦績はこんな感じ。
SN3O0220_convert_20120809062612.jpg
465戦、116勝、273表彰台(3位以内)

勝率24.9%、表彰台率58.7%は、格ゲーやFPSなんかの戦績と比べるとかなり健闘しています。

体感的にはすごく長くかかった感じがしていましたが、試合数からしてオンラインはおそらく40時間前後と思われます。

オンラインの経験値稼ぎはプライベートマッチでも稼ぐことができますので、談合は可能です。ただし、フレンドと少し実験してみましたが、1時間で稼げる経験値は6000です。二人で分け合うと3000ずつのため、談合だと83時間かかりますので、普通にオンラインやった方が早いし、楽しいです。ちなみに談合は2人でイベントを始めて、負け役が即リタイアする方法です(ほかに効果的な方法があるかもしれませんが・・・)。

オンラインの経験値は最下位から200,250,300,400,500,650,800,1000となっています。4人部屋の1位と、8人部屋の5位が同じ経験値となることから、経験値上げの一番のポイントは人数の多い部屋で続けることだと思います。

ちなみに、順位が完全にランダムに決まると仮定すると、それぞれの人数の部屋で獲得が期待できる経験値は
8人部屋で513(250,000までにかかる試合数488)
7人部屋で443(565試合)
6人部屋で383(653試合)
5人部屋で330(758試合)
4人部屋で288(869試合)
3人部屋で250(1000試合)
2人部屋で225(1112試合)
となりますので、やはり人数の多い部屋でプレイするのが一番効果的です。実際にはUNDERDOG BONUSが格上(おそらくレベル5以上離れた相手)を倒すと一人につき100もらえるので前半はもう少し効率的にレベルが上がります。レベル上限が30のため終盤はUNDERDOG BONUSは0になってしまいます。

あと、オフラインは20時間かからないくらいで終わったと思います。特別難しいところはないと思います。

オフ10-20時間,オン30-60時間合わせて40-80時間と思います。 
  1. 2012/08/09(木) 07:12:07|
  2. DiRT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

DiRT Showdown ほんとに長いなこれ

DiRT Showdown 引き続きやってます。

一応オンラインレベル30をねらっている途中のレベル24あたりで、すべての車のアップグレードを購入できるお金がたまり、ゴールドトロフィーを獲得。これで残るはレベル30のシルバートロフィーだけ。

それにしても、本当に時間がかかるこれ、レベル30になるには250,000ポイント必要なんだけど、一つのイベントでもらえるポイントは8人満員部屋で1位をとっても1,000+α(αはUNDERDOG BONUSで格上を倒すともらえる、格上一人につき100ポイント)。何百イベントもやることになります。

ちなみにこのゲームのポイント制度は最下位から順に、200,250,300,400,500,650,800,1000となっています。この最下位からというのが重要で、4人部屋の1位の400よりも8人部屋の4位の500方がポイントが高くなります。したがって、なるべく人の多い部屋でプレイすることが、実は一番重要かもしれません。

あとまだ200イベント近くはやらなきゃいけなさそう。

長い。
  1. 2012/08/05(日) 03:48:22|
  2. DiRT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ